FC2ブログ

プロフィール

kudou/versus/sae

Author:kudou/versus/sae
工藤宏幸とは
1990年12月1日生まれのいて座
血液型AB型

彼の特徴は
かなりシャイ、お調子者、孤高の一匹狼、第二の西川貴教、スロッター界のオペラ座の怪人(アナザーゴッドハーデス実践している最中に雪野香苗さんからつけられたあだ名にされたとのこと)、パチプロアーティスト、パチプロ新撰組が誇るステルス戦闘機(北原英里さんから命名)、バイクの走り屋(本人曰く普通自動車運転免許を持っていないため川島千影さんから言われたとのこと)お取り寄せ王子様(高山紗英さんから命名)パチプロ・スロプロ界の松岡修造(横山雪菜から命名)

趣味はパチンコ、パチスロ、麻雀、競馬、ゲーム
(パチプロ新撰組のリーダー)

ラブドールオーナーとして史上初の馬主(ただし一口馬主を持っています。)

麻雀のスタイルは、強引な副露からの裸単騎作戦・相手の警戒心を完全無視して即座にリーチ・一色の傾向が強ければ強引に混一色もしくは清一色のどれかにスイッチする・リーチで狙われたら現物で逃げて当たり牌をブロックする。通称 工藤ワールドスペシャル

主にゲームアプリはダービースタリオンマスターズ、六本木サディスティックナイト、スクールガールストライカーズ、パチスロバーサスや花火やクランキーセレブ、沖ドキシリーズなど多種多様なゲームも行っております。

ラブドールのオーナー歴は今年で5年目です

良い記事があればドシドシコメントください

ただしリンクして頂くのは自由です。リンクフリーです
等身大ドーラー様の相互希望の相互リンクは大歓迎です

注意事項
一部の記事に18歳未満が禁じている記事があります。覚悟のうえでご覧になってください。

なお画像の無断転用の商用利用と二次加工は厳しく禁じられています


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


15265668620.jpeg
高山紗英「日本ダービーまで残り5日ですわ。工藤君の日本ダービーの思い出は?」

工藤「私は2007年度の日本ダービーです。64年ぶりに牝馬としての日本ダービーを優勝したウオッカ。当時騎乗した四位洋文騎手は初めてダービーを勝っているけど、実は牝馬で日本ダービーを成し遂げたのは戦後初です。紗英さんの日本ダービーは?」

高山紗英「あたしは2013年度のキズナですわ。ディープインパクトは2005年度に優勝した後の8年後に親子での快挙と同じ騎手の武豊騎手が同一制覇は感動ですわ。あたしの番外では橋口弘次郎調教師が初めて優勝した2014年度のワンアンドオンリー、藤沢和雄調教師が初めて優勝した2017年度のレイデオロがあたしの思い入れのある日本ダービー制覇ですわ。」


日本ダービー優勝の想い出のメンバー&アラカルトは
1990年度のアイネスフウジン*騎乗に干された中野栄治騎手がナカノコールが鳴り響いて初のダービー優勝
1991年度のトウカイテイオー*シンボリルドルフ以来の無敗での2冠達成+安田隆行騎手がダービー優勝
1992年度のミホノブルボン*2年連続無敗での2冠達成+小島貞博騎手は初めてダービー優勝
1993年度のウイニングチケット*柴田政人騎手19回目の挑戦で優勝
1994年度のナリタブライアン*南井克巳騎手にとって初のダービー制覇
1995年度のタヤスツヨシ*鶴留明雄調教師が初めてのダービー制覇とサンデーサイレンス産駒初の日本ダービー制覇
1996年度のフサイチコンコルド*キャリア3戦での優勝と「音速の末脚が炸裂する!」三宅正治の実況が今もなお語り継がれています
1997年度のサニーブライアン*フロック視された皐月賞優勝で人気なしの2冠達成
1998年度のスペシャルウィーク*武豊騎手が初めてダービー優勝
1999年度のアドマイヤベガ*武豊騎手が連覇と牝馬2冠ベガの息子での制覇は初(ただしベガは桜花賞とオークスを勝っている)
2000年度のアグネスフライト*河内洋騎手が5大クラシック完全勝利、この時2着だったエアシャカールの武豊騎手との死闘を演じて兄弟子の対決は河内洋騎手に軍配
2001年度のジャングルポケット*21世紀となった最初のダービー制覇
2002年度のタニノギムレット*過酷ともいわれた変則ローテーション(皐月賞からNHKマイルカップから日本ダービー)を克服してダービー優勝をもぎ取った名馬
2003年度のネオユニヴァース*ミルコ・デムーロ騎手が短期免許としてのダービー制覇
2004年度のキングカメハメハ*初の変則2冠達成と持ち込み馬として初の日本ダービー制覇+安藤勝己騎手は日本ダービー初制覇
2005年度のディープインパクト*8年ぶりの2冠達成でなおかつ無敗での2冠達成は13年ぶり
2006年度のメイショウサムソン*故・瀬戸口勉調教師の最後の傑作馬での2冠達成と石橋守騎手は初めての日本ダービー制覇
2007年度のウオッカ*64年ぶりに牝馬としての日本ダービー優勝+タニノギムレットとの父娘の制覇は史上初
2008年度のディープスカイ*キングカメハメハ以来の変則2冠達成と四位洋文騎手は日本ダービー連覇
2009年度のロジユニヴァース*40年ぶりの雷鳴轟くゲリラ豪雨のダービー制覇と横山典弘騎手は初めての日本ダービー制覇
2010年度のエイシンフラッシュ*キングカメハメハ以来の持ち込み馬におけるダービー制覇と内田博幸騎手は初めての日本ダービー制覇
2011年度のオルフェーヴル*ディープインパクト以来の2冠達成と池添謙一騎手は初めての日本ダービー制覇
2012年度のディープブリランテ*岩田康誠騎手が初めてのダービー制覇
2013年度のキズナ*親子制覇でなおかつ武豊騎手が同一親子の馬での制覇
2014年度のワンアンドオンリー*橋口弘次郎調教師が20回目の挑戦でダービー制覇
2015年度のドゥラメンテ*オルフェーヴル以来の2冠達成
2016年度のマカヒキ*川田将雅騎手5大クラシック完全勝利(ただし同じ馬ではなくすべて違う馬での制覇となったため)
2017年度のレイデオロ*藤沢和雄調教師が28年目で19頭目の挑戦で頂点に上り詰めたダービー制覇


あなたの日本ダービーの思い出はどの馬なのでしょうか!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |