FC2ブログ

プロフィール

kudou/versus/sae

Author:kudou/versus/sae
工藤宏幸とは
1990年12月1日生まれのいて座
血液型AB型

彼の特徴は
かなりシャイ、お調子者、孤高の一匹狼、第二の西川貴教、スロッター界のオペラ座の怪人(アナザーゴッドハーデス実践している最中に雪野香苗さんからつけられたあだ名にされたとのこと)、パチプロアーティスト、パチプロ新撰組が誇るステルス戦闘機(北原英里さんから命名)、バイクの走り屋(本人曰く普通自動車運転免許を持っていないため川島千影さんから言われたとのこと)お取り寄せ王子様(高山紗英さんから命名)パチプロ・スロプロ界の松岡修造(横山雪菜から命名)

趣味はパチンコ、パチスロ、麻雀、競馬、ゲーム
(パチプロ新撰組のリーダー)

ラブドールオーナーとして史上初の馬主(ただし一口馬主を持っています。)

麻雀のスタイルは、強引な副露からの裸単騎作戦・相手の警戒心を完全無視して即座にリーチ・一色の傾向が強ければ強引に混一色もしくは清一色のどれかにスイッチする・リーチで狙われたら現物で逃げて当たり牌をブロックする。通称 工藤ワールドスペシャル

主にゲームアプリはダービースタリオンマスターズ、六本木サディスティックナイト、スクールガールストライカーズ、パチスロバーサスや花火やクランキーセレブ、沖ドキシリーズなど多種多様なゲームも行っております。

ラブドールのオーナー歴は今年で5年目です

良い記事があればドシドシコメントください

ただしリンクして頂くのは自由です。リンクフリーです
等身大ドーラー様の相互希望の相互リンクは大歓迎です

注意事項
一部の記事に18歳未満が禁じている記事があります。覚悟のうえでご覧になってください。

なお画像の無断転用の商用利用と二次加工は厳しく禁じられています


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


本日のおさらい
*ただし本命馬は単勝1発勝負

まずはテイエムオペラオー追悼競走 新重賞葵ステークス
WIN_20180524_21_47_14_Pro.jpg
高山紗英「荒れる可能性があるからボックス買いで行きますわ!」


日本ダービー終了後の目黒記念
WIN_20180524_21_47_38_Pro.jpg
高山紗英「ハンデキャップ戦がものすごく苦手なのでボックス買いよ!」


大一番の日本ダービー
WIN_20180524_21_46_56_Pro.jpg
高山紗英「ここはキタノコマンドール中心にフォーメーションタイプで行きますわ!」


私の馬券も購入しており
両親も負けじと予想に入りました
私の母親は1番のダノンプレミアムと5番のキタノコマンドールと8番のブラストワンピースの三連複1本勝負
父親は本命馬のワグネリアン絡みで三連単の1 6 17のボックス買いと6 8 14 17の三連複ボックス買いに挑みました


結果・・・
WIN_20180524_21_46_01_Pro.jpg
高山紗英「なんでよ!葵ステークスはラブカンプーやゴールドクイーンまで絡むって・・・ しかも2番手が同着はお得なことだったけどやられたわ。」

目黒記念は・・・
高山紗英「ふざけんなよ! ウインテンダネスとノーブルマーズの人気薄が襲うって・・・」

日本ダービーでは・・・
高山紗英「嘘でしょ!最悪人気のコスミックフォースが入って三連単の返し金額が280万馬券・・・ あのウオッカが勝った2007年度の日本ダービーの払い戻し金額が上回るのは久しぶりだわ。まあ・・・優勝した福永祐一騎手は19回目の日本ダービー挑戦で頂点に立ったゆえに平成年代最後の日本ダービーを優勝したから、福永祐一騎手は本当におめでとうございますと言いたいですわ」


結局回収ポイントは
日本ダービー
工藤宏幸のみ的中
馬連8350円(83.5ポイント)


工藤宏幸自身は番外編の白百合ステークスを的中しました

白百合ステークス
工藤宏幸のみ的中
三連複460円(4.6ポイント)

合計
工藤宏幸は8810円(88.1ポイント)

工藤宏幸自身はこれで11週連続的中の結果でした


次回予告
上半期のマイル王座決定戦 安田記念
主なメンツは
まずは権利獲得組から
読売マイラーズカップ経由
サングレーザー

京王杯スプリングカップ
ミトラのタイムレコードを上回ったセン馬ムーンクエイク

海外からの参戦は
ウエスタンエクスプレスは香港馬

その他のメンツは
大阪杯で中距離の王座に君臨したスワーヴリチャードが参戦
昨年のマイルチャンピオンシップの覇者ペルシアンナイト
G1競走で2着を4回泣かされているリスグラシュー
悲願の日本G1競走を勝つことができるかリアルスティール
スプリンターズステークス連覇で昨年の安田記念3着のレッドファルクス
2016年度の2歳王者サトノアレス
昨年のNHKマイルカップ覇者アエロリット
昨年の桜花賞の覇者レーヌミノル
2014年のミッキーアイル以来4年ぶりに3歳馬から参戦のタワーオブロンドン

上記以外のメンツで賞金金額が高い順に
ダッシングブレイズ ブラックムーン ウインガニオン ヒーズインラブ キャンベルジュニア スターオブペルシャ

除外確定は
モズアスコット*ただし本日は安土城ステークスを出走しているため


一方宝塚記念に向けた戦いのG3鳴尾記念
1984年度はG2につけられ、1987年度から1996年度までは12月開催、1997年度から1999年度は6月の中旬に行われた上に宝塚記念のステップアップ競走として位置付けていましたが2000年度は12月開催に戻され、これと同時にG3ランクに格下げ 2012年度からG3ランクのまま6月開催に戻し、宝塚記念のステップアップ競走が復活しました
*ただし1984年度から1996年度はハンデキャップ戦、1997年度から1999年度までは別定戦、2000年度から2005年度まで再びハンデキャップ戦、2006年度から再び別定戦に切り替わりました

鳴尾記念の主なメンツは
アメリカズカップ サトノノブレス ストレンジクォーク タツゴウゲキ テイエムイナズマ トリオンフ トリコロールブルー ナスノセイカン マルターズアポジー モンドインテロ ヤマカツライデン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |